「髪のキメ」をそろえるのがポイント!この秋、垢抜けたヘアを手に入れる方法
[PR] antenna*
2021.08.06 10:00
Sponsored by Kao
大人可愛いヘアアレンジで人気に火がつき、インスタのフォロワーは30万人を超えるヘアメイクアップアーティストのRumiさんこと土田瑠美さん。いつものヘアアレンジをワンランクアップさせるためのポイントを伺いました。
ヘアメイクアップアーティスト・Rumiさん
お呼ばれヘアの参考にもなる!
秋のヘアアレンジはシンプル&ツヤ感がポイント
――季節やトレンドで変わるヘアアレンジですが、今年の秋のおすすめのヘアアレンジはありますか?
比較的シンプルなヘアアレンジがトレンドです。ツヤのあるスタイルの人気が続きますね。

たとえば、ヘアゴムだけを使ったアレンジやピンを使ったアレンジや、バレッタを使ったアレンジなどです。
ガーリーに作り込むのではなく、自然とこなれた感じを醸し出すような方向ですね。
――わりとシックな雰囲気のものが来そうですね。結婚式のお呼ばれヘアにも向いていそうです。ヘアアレンジは自分でやるとなかなか難しいですが、うまく仕上げるコツはありますか?
アレンジする際は、スタイリング剤をきちんと使いましょう。韓国系の巻き髪のように髪の流れがきれいに見えるようなスタイルにする人が増えていますが、スタイリング剤を使うとよりきれいにまとまります。
それと、アレンジに取り掛かる前にベースを整えることも大事です! なにもしない状態の髪だと決まらないので、アイロンを使ったり、ヘアケア剤をつけたりして「髪のキメ」がそろった状態にすることがポイントです。
新発想!「髪のキメ」がそろった状態とは?
――髪のキメがそろった状態…⁉︎ 初めて聞きましたが、それはどんな状態なのですか?
花王さんとのお取り組みの中で知ったのですが、髪のキメがそろった状態というのは、髪の1本1本がきれいに並び、毛流れがそろっている状態のことなのだそうです。どんなに水分量や油分があっても、毛の流れがそろっていないとパサついたりまとまらなかったりしますし、ヘアアレンジのときに扱いにくかったりします。
――それは新しい発想なように思います! これまではダメージケアや保湿など髪1本1本のケアが重視されていましたが、これからは髪全体の毛流れ=「髪のキメ」にも注目が集まりそうですね。
確かに新発想ですよね。でも実は、私たち美容師はこれまでも自然と、ブローやブラッシングなど、髪のキメがそろった状態にするためのステップをたくさん行っていたんです。

不必要なボリューム感があったり髪の流れが整っていなかったりすると、決まらないですしスタイリッシュに仕上がりにくいんです。

髪のキメをそろえるのは、質感を良くするためにもベースを作るためにも重要なんです。
――同じ髪でも髪のキメがそろうことで印象が変わるということでしょうか?
そうなんです!

例えばこちらは同じ女性なのですが、髪のキメがそろっていない左の方は、髪がゴワゴワして硬そうな印象ですよね。一方で、キメをそろえたのが右の写真なのですが、やわらかくなめらかな印象になっているのがわかるかと思います。
実際の手触りも見た目と同じで、髪のキメがそろっている方が指通りがよくやわらかいんですよ。

髪そのものもこれだけの違いがありますが、顔映りも変わるように思います。髪のキメがそろっていると肌色が明るくなり、より若々しい印象になりますね。
――髪のキメがそろうと、ほかにどんなメリットがありますか?
髪のキメがそろうと、毛先を巻くだけで全体がきまります。髪の面が整いまとまっている状態なので、顔の印象が健康的に見えますし小顔効果もあるんですよ。

そして、スタイリングのしやすさが違います。髪のキメがそろっているとアイロンの滑りもスムーズですし、細かいニュアンスをつけやすくワンランク上のスタイリングが可能になります。

こちらはストレートアイロンで波ウェーブをつけた写真です。
左手はキメがそろっていない状態、右手はキメがそろった状態から同じようにウェーブをつけたのですが、右の写真の方がくっきりと形づいているのが一目瞭然ですよね! ツヤ感が違うのもお分かりいただけると思います。

ちなみに髪のキメがそろった状態の方は、1回でこのしっかりとしたウェーブがつきました。スタイリングの時間も短くなるので、忙しい朝には特に大助かりだと思います。
髪のキメをそろえるにはシャンプーやトリートメント選びも重要
――どのようにしたら、髪のキメがそろった状態にできるのでしょうか?
短時間で髪のキメをそろえたいということであれば、ストレートアイロンが便利です。熱があるので手早くできます。

日常に使うシャンプーやトリートメントも、髪のキメをそろえることを意識して選ぶと良いと思います。トリートメントはあまり軽すぎないものの方がおすすめです。

ちなみにサロンでの施術中、トリートメントを付けた後に髪の根元から毛先まで指の腹でタッピングする美容師もいますが、これもキメをそろえるためのテクニックのひとつですね。

ブローは、アウトバストリートメントをつけてから行うようにしてくださいね。つけたら、髪をいろんな方向に引っ張りながらドライヤーをかけるのがポイントです。
――最後におしゃれなヘアアレンジをする上で大切なことを教えて下さい。
まずはアウトバストリートメントを使って髪のキメをそろえるところからスタートです。ベースを整えた上で、おくれ毛やこめかみの毛、もみあげを下ろすなどしてポイントを作ってください。そこにヘアオイルやワックス等をつけて束感を出すと決まりますよ。
――毎日のスタイリングだけでなく、お呼ばれヘアアレンジにも参考になるポイントばかりでした。本日は貴重なお話をありがとうございました!