彼女たちが、圧倒的な存在感を放つ理由。
[PR] antenna*
2020.11.19 12:00
sponsored by Honda
ファッションブランド「jouetie」のクリエイティブディレクターとして、またDJとしても活躍するAMIAYA。昨年は英国ファッション評議会が発表した「世界で活躍する若き才能100人」にも選出。私たちの憧れのアイコンである彼女たちが今夢中になっているのは、レトロカルチャーなのだそう。レトロなものを取り入れながら新しいトレンドを生み出す。新旧を共存させることの魅力とは一体?
ホンダから発売された新型N-ONE「Original」に乗って、「行ってきま〜す」
決めるときはデジタルカメラ、遊びはフィルムカメラ。気持ちも空気も、時間も変わる。
休日はカメラを手にいろんな場所に写真を撮りに行くというふたりが、新型N-ONEに乗って向かった先は蔵前。東京を代表する下町の中でも、江戸情緒を感じさせる銭湯や屋形船のすぐそばに、倉庫をリノベーションしたカフェや可愛い雑貨店など新しいショップが続々と生まれている。そんな光景を「東京のブルックリン」と呼ぶ人も。

彼女たちはしばらく歩くと、複数のカメラを操りだした。

AMI デジカメも持ってるし、もちろんスマホでも写真は撮る。けど一番使うのはフィルムカメラ。使い始めたのは7年ぐらい前かな。

AYA ふたりともよく持ち歩いているのが「FUJIFILM NATURA CLASSICA」。ピントや明るさなどをオートで合わせてくれるので、フィルムカメラの中でも初心者向きなんです。

AMI 私は、コンタックスのコンパクトフィルムカメラも愛用してる。
AYA 2回シャッターを押して1枚の写真になる、「samurai」というハーフカメラは最近メルカリで購入。あとは、海に行く時はインスタントカメラ「写ルンです」にしたり。
フィルムカメラにはデジタルでは出せない質感があるんだよね。

質感というのは、写真の仕上がりのテイストということ?

AMI 説明が難しいんだけど…、気持ちとか時間とか空気感みたいなものが載るように思うんです。小さい頃の写真がフィルムカメラで撮ったものだからか、懐かしさとか安心感みたいなものにも通じる感覚。そういう、独特の質感。

AYA デジタルは撮った後に画像を調整できるから自由自在という意味で便利。ただ、チェックできる分なんとなく構えちゃう感じもあるよね。
フィルムだと何が写っているかわからない。でもだからこそおまけのような感覚で撮る。自然と表情も柔らかくなるのか、結果、フィルム写真の方がいいものが撮れてることが多いよね。現像に手間がかかる分、愛着も持てるし。

完成形を目指して作り込んでいくデジタルに、偶然を受け入れるフィルム。彼女たちにとってのカメラにおけるデジタルとアナログは、オンとオフ、あるいは外と内とでも言い換えることができるだろうか。
昭和モダンやレトロな色柄の食器を集めるのがふたりのブーム!
次に向かったのは、「レトロな食器や雑貨が好き」という彼女たちの気分を最高潮にするショップ。カラフルな古着に今話題の牛乳箱などの雑貨、昭和のアイドルのレコードなど今日ではなかなか出会えないレアグッズが天井から床までぎっしりと、そして店先までせり出す形で並んでいる。まさに昭和のワンダーランドだ。

AYA ファイヤーキング、フェデラルなんかの古い食器も好きなんですが。アデリアというガラス食器のブランドのティーカップやグラスをふたりで集めているんです。

AMI AYAちゃんが見つけて買ってきたのがきっかけなのかな? クリアなガラスにカラフルな花モチーフが描かれていたりして、その色使いも昭和レトロというか独特で可愛いんだよね。
AYA 下北沢で定期的に開催していたマーケットでよく買っていましたが、この店もすごい…。めっちゃ楽しい。

AMI うん。めっちゃあがる…。

アデリアといえば、創業200年以上の食器ブランドですね。オレンジと黄色の花が描かれている1971年生まれのアリスシリーズなど昭和のデザインを現代版にリメイクした、アデリアレトロも人気ですよね。

AYA 私たちはとくに何年代が好きというわけじゃなかったんだけど、手に取った食器はたまたま70年代が多めで。

AMI 当時、人気だったものなのに、今の私たちまで気分が上がったり気持ちが明るくなったりする。

AYA このころの食器って、今はなかなか発想しえない感覚がいっぱいあって惹かれるんです。

古い食器を取り入れることで、新しい感性も生まれていそうですね。
AYA ただポップなだけでもなくて、茶色いアンバーなガラスの雰囲気だったり、今にはないくすんだ色×イエローやオレンジなんかの配色だったり。それでいて、食卓に並べるとごちゃっとした感じがありつつも、なぜか馴染んで華やかになる。

AMI 今、大量に作られているわけではないからこそ、掘り出し物と呼ばれる価値もあるわけだし。純粋に、見つけ出すのも楽しいよね。

AYA アデリアレトロってなかなか見つからないんだけど種類も豊富だしね。

昔から愛されるデザインだから、今の日常での刺激になる。「レトロ」は絶えず新しいものを生み出し続ける彼女たちの、センスを作る一要素であるようだ。
「基本のかたちはそのままに」。主張しすぎないけれど個性的なN-ONE
トレンドを作るように新しいものを生み出し続けるAMIAYA。彼女たちの圧倒的な魅力の奥には、レトロなエッセンスが確かにある。

それはこのホンダのN-ONEも同様だ。この車の原点は1967年に生まれたN360。ファッションのように自分らしさを表現する車として人気を得た名車だ。N360の「普遍的なシンプルデザイン」「コンパクトなのに広い」「コンパクトなのに走る」思想をしっかりと継承している。

AYA N-ONEはコンパクトですごくシンプルなデザインだけど個性がある。かといってその個性も主張しすぎない。

古いものをベースにした程よい個性がありながら、自分の日常にもフィットする。まるでアデリアレトロみたいですね。

AYA バランスがいいんですよね。運転席に座るといろんなポイントがみえるんですが、N-ONEの場合は小さな可愛さがいっぱいある感じ。

AMI ハンドルとかね。このツヤ感とか。

AYA シートは異なる素材を組み合わせていておしゃれだし。

N360の思想を受け継ぐにあたり、「変わる」という選択をしているのもN-ONEの特徴だ。さらなる快適さと安心・安全を求め、進化し続けている。

AMI 実際に助手席に乗ってみるとほんと感じるのですが、新型N-ONEは足が伸ばせてめちゃ広いんです。

AYA そうそう、中が広いよね。で、座り心地もすごくいいの。ちなみに車のシートってガツガツと倒れるイメージがあるけど、N-ONEはすごくスムーズに滑らかに倒れる。

AMI しかもすごく深く倒れるよね。

AYA USBの挿し口もあるんだけど、これめちゃ使える。

AMI うん。私は運転のサポート役だから、純正のナビが大きいのも助かる。

名車N360に根ざすレトロっぽさを帯びた個性という刺激と、進化を続ける乗り心地という心地よさ。

新旧の間の行き来を楽しむように使い込んでいくことで、ふたりだからこその存在感も際立っていくようだ。
What’s AMIAYA’s Only ONE?
AMI 自分の世界観にハマること。自分の日常にあるとハッピーになるものが身近にあると落ち着くし。

AYA そうだね。アナログやレトロだからいいってことでも、デジタルや最新がいいってことでもなく、年代に関係なく、ハマったもの同士がしっくりなじむ意外性も掛け替えのない瞬間。
私たちの感性を刺激する、新旧が融合するN-ONE。
私たちの個性を代弁するような、新しいN-ONEが11月20日に発売される。

N-ONEの個性は1967年に発売されたN360から受け継がれた3つのかたち「丸・四角・台形」からなる。そこにフルLEDのヘッドライトやリアコンビネーションランプといった現代の技術を取り入れることで、タイムレスで洗練されたスタイルに仕上がっている。

衝突軽減ブレーキなどの機能を備えたHonda SENSINGの搭載やパーキングセンサーシステムのほか、新たな安全運転支援のための新機能も満載だ。さらに、急速充電用USBジャックを装備するなど、快適性もぐんとアップした。

感性に響くものを日常に取り入れて、自分らしさを磨きたい。そんな私たちにぴったりな車が誕生した。
あなたにとってのOnly ONEなものを教えて! Only ONE AWARD開催中
新型N-ONEに乗って行きたい思い出の場所や、大切にしているもの、あるいは記憶に色濃く残る体験など。
現在、N-ONEの特設サイトで「まさにこれこそ自分っぽい」「これってきっと自分だけ!」というような、あなただけの“ホンモノ”を募集しています。そのホンモノにまつわるエピソードに、写真を添えて応募してみよう。

応募者の中から、Only ONE AWARD大賞を2名選出。選ばれると、fox capture planがあなたのために特別に作った曲を録音したレコードをプレゼント。応募されたOnly ONEエピソードをもとにアイデアを膨らませ、オリジナルの楽曲に仕上げていきます。

さらに、音源を焼いたレコードはキンシオタニのオリジナルイラストを施したカバーに収納。イラストも、寄せられたエピソードと写真をもとに一から起こしていきます。
fox capture plan
“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指す3人が集まり結成。TBS “カルテット”、フジテレビ系月9 “コンフィデンスマンJP”等ドラマ劇伴をはじめCM・ゲームなど多方面の楽曲制作を担当。過去にブルーノート東京単独2DAYS公演を開催。今月は前作のリリースより2年振りとなる8枚目のフル・アルバム『DISCOVERY』のリリース。東京国際フォーラムでの単独公演も実施。
キンシオタニ
東京生まれ。イラストレーター、文筆家。全国の雑貨屋で販売された「長い題名シリーズ」のポストカードで注目され、様々なメディアでイラストを発表するほか、作品集の出版、メディア出演、パフォーマンスやトークイベントの出演や企画を行なっている。大きな仕事から個人的な仕事まで、その幅の広さは他に類を見ない。また長年の旅の経験から日本各地の街を独自の視点で語り、多くの支持を集めている。
前半:AMI:チェックワンピース ¥34,000/BAUM UND PFERDGARTEN(UNIT&GUEST)、中に着たタートルネックニット ¥3,900/jouetie、カチューシャ ¥19,000/FLAPPER(SHOWROOM UNO)、サングラス ¥18,000/A.D.S.R.(4K[sik])、レザーバッグ ¥68,000 ※参考価格/MSGM(アオイ)、シューズ ¥21,000/Dr.Martens(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)、その他スタイリスト私物 AYA:チェックワンピース ¥34,000/BAUM UND PFERDGARTEN(UNIT&GUEST)、中に着たタートルネックニット ¥3,900/jouetie、カチューシャ ¥19,000/FLAPPER(SHOWROOM UNO)、サングラス ¥18,000/A.D.S.R.(4K[sik])、レオパードバッグ ¥87,000/MSGM(アオイ)、シューズ ¥22,000/Dr.Martens(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)、その他スタイリスト私物
後半:AMI:ファーコート ¥37,000/jakke(JACK of ALL TRADES press room)、ハイネックトップス ¥18,000/G.V.G.V.(k3 OFFICE)、イヤリング ¥10,000/FUMIE TANAKA(DO-LE co ltd.)、バッグ ¥87,000 ※参考価格/MSGM(アオイ)、シューズ ¥21,000/Dr.Martens(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)、その他スタイリスト私物 AYA:ファーコート ¥37,000/jakke(JACK of ALL TRADES press room)、ハイネックトップス ¥18,000/G.V.G.V.(k3 OFFICE)、イヤリング ¥10,000/FUMIE TANAKA(DO-LE co ltd.)、バッグ ¥87,000/MSGM(アオイ)、シューズ ¥22,000/Dr.Martens(ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)、その他スタイリスト私物
※価格は税抜き価格

問い合わせ先:
4K[sik] 03-5464-9321
DO-LE co ltd. 03-4361-8240
JACK of ALL TRADES press room 03-3401-5001
Jouetie 03-6408-1078
k3 OFFICE www.k3coltd.jp
SHOWROOM UNO http://showroom-uno.com
UNIT&GUEST 03-5725-1160
アオイ http://www.aoi-net.co.jp
ドクターマーチン・エアウエア ジャパン http://jp.drmartens.com/

撮影/大辻隆広 スタイリング/二宮ちえ ヘア&メイクアップ/KATO(TRON) 取材・文/若山あや モデル/AMIAYA
あわせて読みたい